田中恒成、一夜明けの会見。

WBO世界S・フライ級の新チャンピオンとなった田中恒成(畑中)が、クリスチャン・バカセグア(メキシコ)との試合後会見を25日、都内のホテルで行いました。

【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】

【関連記事】

田中は昨夜の試合を振り返り、「いいところと悪いところの両方が出た」と述べました。バカセグアの攻撃に対して冷静に対応し、試合を支配した一方、「大雑把に言えばKOできるか、どうか」という点に課題があるとしました。

しかし、田中は成長の余地があるとして、「ひと息つきたい気持ちより、すでに次に向けて頑張りたい気持ちになっている」と述べ、今後の期待に応える姿勢を示しました。村田大輔トレーナーも、田中の冷静さや試合のコントロールについて高く評価しました。 田中は「4階級制覇を目指してやってきましたが、やはりこれは通過点だったんだという思いが強いです」と述べ、新たなチャンピオンとしての魅力をアピールしました。今後の試合にも期待が高まっています。