トップランクが井上vsネリ戦を「日本で最大のボクシングイベント」として煽り立てる。

『ザ・モンスター』が東京ドームでタイトルを懸ける
井上は、歴史的な東京ドームで5月6日にメキシコの挑戦者ルイス・ネリ(35勝1敗、27KO)と対戦し、より大きな米国スポーツ市場を引き寄せることを望んでいます。
【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】
【関連記事】
トップランクは、「ザ・モンスター」の今後の試合を「日本で最大のボクシングイベント」と表現しています。しかし、試合は東部時間午前4時に開催されるため、東海岸のファイトファンが起きて観戦するのが難しいでしょう。

「直哉井上は世界最高のファイターであり、彼がリングに入るたびに私を驚かせる若者です」と、トップランクのプロモーターであるボブ・アラム氏は述べました。「ルイス・ネリはタフな挑戦者ですが、私は井上が仕事を遂行すると確信しています。」

ジェイソン・モロニーが井上のアンダーカードでフィーチャーされる
井上のプロモーションに加えて、アラム氏は歴史的な東京ドームと上昇中のアメリカ人ファイター、ジェイソン「メイヘム」モロニーのアンダーカードへの参加を米国のファイトファンに煽るために賭けています。

モロニーは、3つのメインアンダーカードの1つで日本の吉木竜己と対戦する予定であり、アラム氏は彼を「ロードウォリアー」と称しています。

トップランクの公式は、「ジェイソン・モロニーを中心とした壮大なアンダーカードを持っています。彼は世界最高のバンタム級ファイターであることを証明するために来日するロードウォリアーです」と述べました。

井上の弟である拓真井上もイベントで石田翔と対戦します。秋井清吾は他のアンダーカードで桑原拓と対戦します。