テキサス委員会がマイク・タイソンとジェイク・ポールのプロボクシング試合を認可。

テキサス委員会がタイソン対ポールのプロボクシング試合を承認しました。テキサス州ライセンスおよび規制部門(TDLR)は、タイソン(50勝6敗、44KO)対ポール(9勝1敗、6KO)の試合を、エキシビションからプロの試合に変更することを承認しました。

【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】

【関連記事】

委員会は、試合を承認する理由を明確にするための声明を出していません。

Most Valuable Promotions(MVP)の共同設立者であるナキサ・ビダリアンは、委員会の決定を確認しました。

「過去6週間、MVPはパートナーと協力して、テキサス州ライセンスおよび規制部門の要件を満たし、ポール対タイソンの試合を承認させるために努力してきました。このような段階に至ることができて感謝しています」とビダリアンはESPNに語りました。

この試合は7月30日にテキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで行われます。

タイソン対ポールの試合は、現在のプロの試合ステータスにもかかわらず、わずかな形式の変更があります。

タイソンとポールは、両者とも14オンスのグローブを使用して、8つの2分間ラウンドで戦います。

しかし、TDLRの決定により、この試合の結果が両者のプロボクシングの記録に影響を与えることになります。

ビダリアンは、「マイク・タイソンとジェイク・ポールは、明確な結果が出る公式のプロの試合で戦うことを望んでいます」と述べました。

この試合はNetflixで放送され、Netflixが格闘スポーツに初めて参入します。

この試合は、タイソンが19年ぶりにプロボクサーとしてリングに登場する初めての機会となります。

「鉄人」マイクは最後のプロの試合を2005年に行い、ケビン・マクブライドに敗れました。

この57歳の男性の最後のプロの勝利は2003年2月にクリフォード・エティエンヌをノックアウトしたときです。

タイソンは2020年に8ラウンドのエキシビションでロイ・ジョーンズ・ジュニアと戦いました。この試合は引き分けで終わりました。

27歳のポールは、2023年にトミー・フューリーに対して唯一の敗北を喫した後、タイソンを打ち負かすことで、自身のプロキャリアで最大の勝利を目指しています。