フンドラ、クロフォード・マドリモフ戦勝者との試合指示。

WBOが、ファンドラに対し、彼のスーパーウェルター級タイトルの初防衛として、クロフォード対マドリモフ戦の勝者との対戦を行うよう指示しました。

【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】

【関連記事】
ファンドラは、3月30日にティム・ツィューを破り、WBOとWBCライトミドル級タイトルを獲得

しましたが、最新の試合で鼻を骨折したため、彼の負傷が治るまで9月まで試合ができない状況です。

このWBOの決定により、ツィューは再戦まで長い待機期間を要することになります。ツィュー陣営は、再戦までの待機期間が長くなることに不満を示していますが、WBOの指示により、再挑戦までの待機期間がさらに延長される可能性があります。