カニサレス、「4人の子供のためにも今回も勝つつもり」と発言。

「WBA/WBC 世界ライトフライ級タイトルマッチ」(23日、エディオンアリーナ大阪)

WBC/WBAライトフライ級の二冠王者、寺地拳四朗(32歳、BMB)に挑戦するWBA同級1位のカルロス・カニサレスが16日、都内での公開練習を行いました。

【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】

【関連記事】

これまでに田口良一と引き分け、小西伶弥と木村翔に勝利している、日本人無敵の元WBA王者は、「今回も勝つつもりでいく。KOで勝ちたいが、チャンピオンは強い。全てを出し切ってベネズエラにタイトルを持ち帰る」と意気込みました。また、海抜2500メートルのコロニャ・トバルでの1カ月間の高地特訓を経て、調整を行ったとのことです。 独身を公言していますが、試合への最大のモチベーションについて問われると、「4人の子供がモチベーション」と仰天発言。ベネズエラのビッグダディは、14歳の男児、12歳、7歳、6カ月の女児がいると明かし、驚きを与えました。