阿部麗也はIBFフェザー級王座を獲得できず、8回TKOで敗れた。

2日(日本時間3日)、米ニューヨーク州ベローナのターニングストーン・リゾート・カジノで行われたIBFフェザー級タイトルマッチにおいて、阿部麗也(KG大和)が王者ルイス・アルベルト・ロペス(メキシコ)に挑みました。この試合は阿部の挑戦者としての戦いであり、彼は国内での実績を積み重ねた後、アメリカでの王座獲得を目指して臨みました。

【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】

【関連記事】

試合前、阿部は強打のロペスに対する慎重な戦略を練っていましたが、試合は予想外に苦戦しました。ロペスのパワフルな攻撃に阿部が苦しめられ、右目下の腫れなどのダメージを負いました。阿部は最後のラウンドでロペスの連打を受け、レフェリーによって試合がストップされ、王座獲得はならなかった。

阿部はこの敗戦について「完敗です」とコメントしました。一方、ロペスは30勝17KO2敗の戦績で、試合後には「8ラウンドの前に妻の顔、娘の顔をチラッと見た。ここで試合を決めようと思った。相手の目が腫れ上がっているのは分かったが、日本の選手はハートが強いことを知っていた。でも、私もハートの強さでは負けていない。夢は統一チャンピオンになること。上の階級に上がってもいい」とコメントしました。