ボブ・アラム、井上尚弥の日本でのさらなる試合を支持。

アラム・プロモーターは、井上尚弥がアメリカまで数千マイル旅行する代わりに、彼のタイトル戦を日本で開催することを決断したことを支持します。
【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】
【関連記事】
トップランクのプロモーターは、日本を「裕福な国」と位置付け、井上が故郷にとどまる決意を正当化しました。

アラム氏は、ボクシングシーンに語りました。「これは異なるケースです – 井上は(日本の)裕福な国で最も大きなボクシングスターです。」

「(井上の階級に近い)他の誰もが日本で彼ができるよりも大きな試合を作ることができない」と彼は述べました。

アラム氏は、井上が日本の主要なボクシング市場で戦っていることで、マニー・パッキャオやタイソン・フューリーとは異なると説明しました。

井上は5月6日に東京ドームでルイス・ネリに対してタイトルを守るためにリングに復帰します。

プロモーターの発言は、元プロボクサーであるショーン・ポーターが、井上にもっとアメリカで戦うよう促した後になされました。

しかし、アラム氏はポーターの主張を否定しました。「ショーンはいい奴だが、彼が話していること(アメリカに来ること)は古い考え方だ」とトップランクのリーダーは言いました。

井上は「もし日本の市場で利用可能なものよりも優れたものがあれば、喜んで行く」と挑戦者たちに挑みかかりました。

アラム氏は、井上がアメリカで自らを見なくても構わず、日本のスーパースターが東京に滞在することを気にしません。「日本にはあなたにとって非常に大きな市場があるので、ここ(アメリカ)に来て一歩後戻りする必要はありません」とアラム氏は尋ねました。