パッキャオ、RIZINエキシビションマッチを発表。

マニー・パッキャオが、2024年7月28日に日本の埼玉でRIZINフェザー級チャンピオンの鈴木千尋とエキシビションマッチを行うことを発表しました。

最新のボクシング情報は、パッキャオマンションをご覧ください。

パッキャオ、RIZINエキシビションマッチで復帰

8階級制覇の世界チャンピオンであるパッキャオは、「スーパーRIZIN 3」において鈴木と3ラウンドのボクシングエキシビションマッチを行う予定です。

【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】

【関連記事】

「ついに来月、日本で試合をします」と45歳のパッキャオは語りました。

「みんなが試合を見てくれることを願っています。ファンの皆さん、7月28日にぜひ見に来てください。アクション満載の良い試合になるでしょう。」

スペシャルRIZINスタンディングバウトルール 68.0kg

パッキャオは、39回のノックアウトを含む62勝8敗2分の記録を誇り、2021年にヨルデニス・ウガスに敗れた後、プロボクシングから引退しました。

2022年には、元フィリピン上院議員であるパッキャオは韓国のMMAファイターDK Yooとエキシビションマッチを行い、試合を圧倒しました。

鈴木、パックマンと対戦する準備完了

鈴木(25歳)は、現在RIZINのフェザー級チャンピオンです。

ペルー・日本のハーフである鈴木は、対戦相手であるフィリピンのボクシングアイコンとのフェイスオフで興味深いやり取りを行いました。

「敬意を表して、1ラウンドでノックアウトします」と鈴木は言いました。

「全力を尽くします。ボクシングがMMAの試合よりも難しいことを彼に知らせます」とパッキャオは応じました。

それでも鈴木は、パッキャオに対して愛と敬意を抱いています。

「ある意味、これは私にとって挑戦です。歴史を作った人物と戦えることは本当に名誉です。ですから、尊敬を持って対戦します。私にとっては人生最大の挑戦の一つであり、克服しなければならない試練です」と彼は語りました。