宮澤蓮斗が日本ユース・ミニマム級王者に、今永虎雅と齊藤陽二が勝利。

「Lemino BOXING フェニックスバトル114」が後楽園ホールで開催され、注目のセミファイナルでは日本ユース・ミニマム級王座が懸けられた一戦が繰り広げられた。宮澤蓮斗が佐伯侑馬との激しい対決を制し、新たなチャンピオンとして輝いた。

【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】

【関連記事】

宮澤は佐伯との対戦で6回にダウンを奪う大活躍。サウスポーの佐伯に対し、オーソドックスの宮澤が見事な打撃を繰り出し、一進一退の攻防を繰り広げた。試合は緊迫した展開となり、最終的には宮澤が2-1の判定で勝利を収めた。

また、アジア最強ライト級トーナメントでも活躍が見られた。今永虎雅は中国のマ・シャンを相手に1回でTKO勝利を収め、そのパフォーマンスで圧倒的な力を見せつけた。同じく齊藤陽二もタイの齋藤眞之助との激しい対戦を制し、2回にKO勝利を手にした。今永と齊藤は次の準決勝に進出し、さらなる活躍が期待される。

一方、ミニマム級戦では北野武郎がタイのアディテープ・ムアンチャルンを相手に見事なTKO勝利を収め、素晴らしいパフォーマンスを見せつけた。これらの試合は観客に多くの感動を与え、ボクシングファンの期待をさらに高めた。