川満俊輝が日本L・フライ級王座を奪取し、6回TKOで勝利。安藤教祐は敗れた。

日本L・フライ級タイトルマッチが4日に後楽園ホールで開催されました。この試合では、王者の川満俊輝(三迫)が挑戦者1位の安藤教祐(KG大和)と対戦し、6回2分29秒TKO勝ちを収め、初防衛に成功しました。
【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】

【関連記事】
この試合は、前回の初回TKO勝利のリマッチであり、川満は持ち前のプレスで相手を圧倒しました。28歳の川満は戦績を10勝6KO1敗に伸ばし、31歳の安藤は13勝6KO5敗となりました。試合後、川満は「安藤選手はリベンジという強い覚悟でくると思ったので、気持ちを相当用意しなければ勝てないと思った。反省ばかりですけど、勝ててホッとしてます」とコメントしました。