井上とアンカハス、世界タイトルマッチに備えてすべて準備完了

2月24日、日本の東京・国技館で、待望されていた世界タイトルマッチが、井上拓真(18勝1敗)とジャーウィン・アンカハス(34勝3敗2分)の間で行われます。

4階級制覇王者の井上尚弥の弟である拓真は、自身のWBAバンタム級タイトルを守る予定です。この試合は、井上家にとっては兄の尚弥と共に世界王座を保持する兄弟としての歴史的な瞬間となります。

【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】
【関連記事】

しかし、28歳の井上はチャンピオンのアドバンテージを持っていますが、アンカハスのファイターとしての評判には依然として警戒しています。アンカハスはIBFバンタム級王座の元王者であり、その経験と実績は井上にとって重要な挑戦となることでしょう。

井上はフィリピンのボクサーとの対戦に向けた自身のメンタリティを共有しました。「私は挑戦者の心構えです」と井上はBoxingScene.comに語りました。「アンカハスはIBF [115ポンド] チャンピオン時代に9回タイトルを防衛しました。彼の経験と実績に対して十分なリスペクトを持って臨みます。」

一方、アンカハスのトレーナーであるホベン・ヒメネス氏は、32歳のアンカハスが再び世界タイトルを獲得することを目指していると述べました。「ジャーウィンは集中力を持っています。再び世界タイトルを獲得するために努力します」と彼は述べました。アンカハスは、マニー・パッキャオのMPプロモーションに所属し、パッキャオ自身の指導を受けながら、世界タイトルへの道を歩んでいます。

井上とアンカハスは11月15日に対戦する予定でしたが、日本人選手が負傷しました。拓真は兄の尚弥がバンタム級タイトルを返上した後、その空位を埋めることに成功しました。兄弟の間でのタイトルの移動は、井上家のボクシング界における影響力と実力を示すものであり、兄弟が同じ時期に世界王座を獲得したことは、日本のボクシング史上でも稀有な出来事です。

アンカハスは、2023年6月に最後の試合を行い、ミネソタ州でウィルナー・ソトに対して5回TKO勝利を収めました。その間、井上は2023年4月8日にバンタム級タイトルを防衛し、リボリオ・ソリスに対して無条件勝利を収めました。この試合は、井上が自身のタイトルを守り、アンカハスが再び世界王座を獲得するための大きなチャンスとなることでしょう。