新人王西軍代表決定戦でのMVPは坂井涼、技能賞は上蔀哲汰、敢闘賞は藤野零大。 

12日に行われた新人王西軍代表決定戦では、大阪市のエディオンアリーナ大阪第2競技場が舞台となり、ミニマム級からミドル級までの12階級の西軍代表が選ばれた。これらの代表は12月23日に東京・後楽園ホールで開催される第70回全日本新人王決定戦で東軍代表と対戦することになる。 
【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】
【関連記事】
2023年の西軍代表選手において、MVPはフライ級で活躍した坂井涼(畑中)が獲得し、技能賞はL・フライ級の上蔀哲汰(S&K)、敢闘賞はS・フライ級の藤野零大(カシミ)が授与された。 

試合結果の一部を挙げると、坂井涼が宮地龍喜に対して左ストレートで3度のダウンを奪い、1回TKO勝ちを収めました。また、上蔀哲汰は寺下列とのL・フライ級4回戦で3-0の判定勝ちを収め、技能賞を獲得しました。 

これにより、12階級での戦いを制した新人たちは、東京での全日本新人王決定戦に向けて準備を進めていくことになります。