長谷川穂積、寺地拳四朗の試合について「負ければ終わりの世界」とコメント。

世界ボクシング評議会(WBC)は2023年の年間表彰を発表し、注目すべき成績を収めたボクサーとトレーナーに対して栄誉を授与しました。その中で、WBA世界ライトフライ級とWBC世界ライトフライ級の2つの団体で統一王者となった寺地拳四朗が年間最優秀選手に選ばれました。
【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】
【関連記事】
彼はスティーブン・フルトンを破り、WBC王座を手に入れ、続く試合でもマーロン・タパレスに勝利し、122ポンド級(スーパーバンタム級)の王者としての地位を確立しました。

さらに、寺地の成功に影響を与えた父でありトレーナーの井上真吾氏もまた、その卓越した指導力により年間最優秀トレーナーに輝きました。真吾氏は息子を4階級で世界王座に導いた功績が高く評価され、ボクシング界での優れたトレーナーとしての地位を築き上げました。 この表彰により、寺地拳四朗と井上真吾氏はその卓越したパフォーマンスと成果に対してボクシング界から称賛され、彼らのキャリアに新たな輝きを加えました。