モロニーの弟が負けて怒り、ゲバラが2-1で勝ってWBC・S・フライ級暫定王者になった。

豪州パースのRACアリーナで開催されたWBC・S・フライ級暫定王座決定戦は、番狂わせが起こりました。メキシコのペドロ・ゲバラが、豪州のアンドリュー・マロニーに2-1の判定勝ちを収め、暫定王座となりました。ゲバラは元WBC・L・フライ級王者で、暫定王座獲得とともに2階級制覇を成し遂げました。

【他のチームのハイライトを見る】

【関連記事】

この試合では、序盤はマロニーがリードし、ゲバラが後半に反撃を開始しました。激しいペース争いの末、判定はゲバラが115-113、115-113で勝利し、1週間でマロニー兄弟が相次いで敗北を喫する結果となりました。

マロニーは判定に不満を示し、「ショックだ。私のスコアは10-2だ」とコメントしました。一方、ゲバラは負傷したWBC暫定王者の代役として出場し、勝利を収めました。

同じリングでは、女子世界バンタム級のWBCチャンピオン、ニナ・ヒューズが防衛戦を行いました。序盤はヒューズがリードしましたが、最終的にジョンソンが正確なパンチで勝利を収めました。しかし、リングアナの読み間違いで、最初はヒューズが勝利とされましたが、後にスコアが訂正され、ジョンソンが2-0で勝利しました。