フューリーがウシク戦で1000万ユーロの罰金に陥る可能性がある。

世界ボクシング評議会(WBC)ヘビー級王者のタイソン・フューリー(34勝0敗1分、24 KO)は、5月にオレクサンドル・ウシク(21勝0敗、14 KO)との試合を行わない場合、巨額の罰金を支払わなければならない可能性があります。
【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】
【関連記事】
フューリーは、5月18日にウシクとの対決が実現しない場合、サウジアラビアの高官が課した1000万ユーロの罰金を支払うことになります。この罰金は、タイトル戦の契約の一部として、サウジアラビアの王室に勧告するサウジアラビアの顧問であるターキー・アル・シェイフ閣下が追加しました。

ペナルティ条項は、フューリーが元々の試合日である2月17日に欠場した後に追加されました。フューリーはスパーリング中に怪我をしたため、また彼のトレーニングキャンプからの不調の報告もありました。

35歳のフューリーは、ウクライナの世界チャンピオンであるウシクからIBA、WBA、WBOのタイトルベルトを獲得することを目指しています。ボクシングの専門家は、フューリーが巨額の罰金を回避するためにウシクに立ち向かうしかないと信じています。

「彼の前に立っているのはオレクサンドル・ウシクであり、非常にやる気満々で、非常に怒っている」とリング分析者のクリス・アルジエリはProbox TVに語りました。「この試合で彼が非常に良いのは、彼が勝つ方法を知っていることです。彼は負ける方法を知りません。」

「目の前にいる男に集中してください。この試合でオレクサンドル・ウシクのチャンスを侮辱しないでください」と彼は付け加えました。