大橋秀行会長が井上尚弥と穴口一輝選手の冥福を祈る。

大橋ボクシングジムの大橋秀行会長は、穴口一輝選手が先月26日に行われた大橋ジム主催のイベントでの試合後に病院に搬送され、その後逝去したことを受け、深い悲しみと哀悼の意を表明しました。
【M88 Mansionのベストオファーはこちらから検索できます】
【関連記事】
穴口選手は、日本バンタム級タイトルマッチでの激しい戦いの後、急逝しました。同じく、井上尚弥選手もNTTドコモの映像配信サービスLeminoのプレミアムトークショーに参加し、穴口選手の冥福を祈る言葉を述べました。穴口選手の最後の戦いは、堤聖也選手との激闘となり、JBCの委託を受けた東西の運動記者クラブボクシング分科会、ボクシング専門メディアが2023年の国内年間最高試合に選出されました。